利尿剤のラシックスの効果を高める方法

利尿剤ラシックスの効果を上げる方法

利尿剤ラシックスの効果を上げる方法

ループ利尿薬に分類されるラシックスは利尿剤であり、主成分であるフロセミドは水に溶けることのない粉末状なため、それゆえに服用後はスピーディーに吸収され、腎臓に働きかけて尿の量を増やしてくれます。

よって強くて即効性を期待できる利尿剤としてメジャーな薬であり、利用者も大勢存在しています。

そんなラシックスが最適な疾患としては、おもにむくみ解消が期待できるために肝性浮腫や心性浮腫、腎性浮腫などに服用が推奨されており、むくみ以外にも血圧を下げる働きもあることから高血圧症にもオススメで、他にもうっ血性心不全や月経前緊張症などでは、病院で処方されることもあります。

また疾患とは異なりますが、相乗効果として足や顔のむくみ改善が期待できたり、水分を排出してくれることによるむくみ解消で体重減少やダイエットに近い働きといった美容にも作用するケースもあり、さらには老廃物を排除するために美肌効果なども得ることが可能です。

このように症状や疾患改善とともに美容にも良い作用が期待できるラシックスですが、使用方法を間違えてしまうとせっかくの嬉しい働きを実感できないといったケースもありますし、強い薬なので副作用のリスクも存在しています。

そこで効果を実感するためにも、医者に処方された症状に合った用量をちゃんと服用するようにしましょう。また病院で処方されたわけではなく、むくみ解消目的などで個人で購入した場合は、まずは一日に1錠から試してみて、それで効果が得られないようならば2錠服用してみましょう。

ただしこれは病院から処方されたものもそうでないものも同様ですが、過剰摂取は副作用のリスクも高まるので大変危険です。

それゆえに自己判断で用量を増やすことは厳禁ですし、健康な人が長期間服用してしまうと、腎機能の悪化や排尿障害といったリスクがあるので、むくみが気にならない時は服用を停止することも大切です。

そして服用のタイミングについても作用の出方に高低差があり、満腹の状態で服用してもとくに問題はないのですが、それだと効果を実感しにくいといったケースもよくあるため、基本的には空腹時である食前もしくは食後三時間は経過した状態での服用が良いでしょう。

あとは他の薬との飲み合わせについてもトラブルが出やすいので、もしも持病があったり病気の治療中といった状態で他の薬を服用している場合、ラシックスを使用したいならば事前に必ず医師に相談するようにしてください。